【ワードプレス】初心者向け専門用語ザックリ解説

無料ブログ

FC2ブログ・アメーバブログなど多数会社が運営しており、ユーザー登録するだけで今すぐ誰でも簡単に始める事ができるのが特徴。運営会社がサーバーやサブドメインを用意してくれてるので初期設定も簡単ですがそこらじゅう広告まみれ。

 

有料ブログ

ゼロから全て自分で立ち上げなくてはならず、ホームページを作成する前からサーバーレンタルや独自ドメイン取得料等の出費が発生するので覚悟が必要。一度飛び込んでしまえば二度と無料ブログには戻れなくなるぐらい居心地は良い。

 

サーバー

ワードプレスを始める為には必要不可欠であり、レンタル料も発生する。別名・WEB上の土地。サーバー会社によって料金やスペックが幅広く異なる為、初心者が最初にぶち当たる壁として有名。

 

初期ドメイン

サーバーをレンタルすると無料で付属してくるサーバー会社のサブドメイン。基本的に語尾には会社が設定したドメインが付くが、選べるサーバーもある。〇〇〇.xsrv.jpみたいなヤツ。語尾はそのサーバーの名前がはいりがちだが、逆に複数の中から選べる場合もある。

 

ネームサーバー設定

サーバーレンタル会社と独自ドメイン取得会社が違う場合はネームサーバー設定で両者を繋げる必要が有りまして、この設定が意外と初心者殺し。出来るだけ面倒を避けたいのであればサーバーレンタルと独自ドメイン取得を同じ会社で済ませるのがおすすめ。

 

SSL化

ドメイン設定後すぐにやっておいた方がいい処置。超簡単に言えば『http』から『https』にURLを変更する事。最近はサーバーが自動的にやってくれる事が多いので深い解説はしません。

 

ドメイン

サーバーとタッグを組んで初心者の前に立ちはだかる強敵です。別名・WEB上の住所。こちらも会社によって料金が異なりますが、ただの名前なので本来の性質が変わる事はありません。種類がいくつかあり扱い方も違います。

 

独自ドメイン

唯一有料で取得しなくてはいけないドメイン。自分の好きな名前と『.com』『.jp』等の語尾と組み合わせるが使用可能です。語尾が有名な物であるほど料金は高くなりますが、基本的には年間1,000円以下です。人気の無い物を選べば100円程度で取得可能。〇〇〇.com みたいな表記になります。

 

サブドメイン

独自ドメインを持っていれば無料で作る事ができるドメイン。〇〇〇.独自ドメイン.com みたいな表記になります。作成できるサブドメインの上限数はサーバーのプランによって変わりまして、1つのサブドメインに対し1つのワードプレスをインストールできます。極論、独自ドメインを1つだけ有料で取得して、サブドメインを無料で49個つくれば独自ドメイン1つ分の料金で50個のサイトを運営できますが、アフェリエイトには不利っぽいです。無料ブログから無料で与えられるのは運営会社のサブドメインです。グーグルアドセンスでは審査すらしてくれないらしいです。

 

サブディレクトリ

サブドメイン同様、独自ドメインを持っていれば無料で作成可能です。独自ドメイン.com/〇〇〇 みたいな表記になります。どのサーバーでも作成可能で上限もありません。サブドメインとサブディレクトリの細かな違いは別記事に記載してますが、今すぐ無料で他のサイトを運営したいという願望が無ければ特に知る必要はないでしょう。

 

ワードプレス

超有名なサイト作成ソフトです。パソコンにインストールすると勘違いしがちですが、実際はサーバーの中のドメインにインストールします。インストール方法はサーバーによって変わりますが、基本的にどのサーバーもワードプレス簡単インストール機能がついているので迷う事はほぼないでしょう。

 

ワードプレステーマ

ワードプレスのユーザーインターフェイスを簡単に変える事ができるシステムです。テーマにも無料と有料があります。ちなみにこのサイトは有料テーマのSTORKを使用してます。

 

親テーマ

テーマの核です。これが壊れてしまうと修復がクッソ面倒くさくなるので、基本的にはカスタマイズ用の子テーマを同時に導入する必要があります。

 

子テーマ

親テーマの影武者です。これが壊れても親テーマは生きているので修復は簡単です(初心者にはちょいと難しいですが)基本的にはどのテーマにも用意されてますが、見つからない場合は自作しなくてはならないぐらい大事らしいです。

 

パーマリンク

『新規投稿記事に与えられる自動作成URLのルールを設定しよう』というシステム。初心者は意味がわからずスルーしてしまいがちですが、後から変えると大量のリンク切れを起こしSEO評価が落ちる可能性があるので、初期段階でしっかり処理しておくべき重要事項です。

 

見出し

初心者が勘違いして使いがちのシステムですが意外と重要です。最低限のルールを守って使わないとSEO評価が落ちてしまう可能性もあります。僕はあんま気にしてません。

 

プラグイン

頭のいい人が作ってくれた便利なプログラムを使う事ができます。ワードプレスには必要不可欠なシステムなので絶対に覚える必要があります。

 

言語

よく使われる表現として『骨・肉・動き』ってのがありまして、HTMLで骨格を作り、CSSで肉付けをして、PHPで動きを付ける。みたいな感じです。初心者のうちは単純にそのイメージで何となく頭に入れておけば大丈夫です。

 

HTML

サイトの骨組みを担当する言語です。CSSと似てますが初心者が取り急ぎ勉強する必要は全くありません。ワードプレスの場合はPHPがHTMLを作成している為、ユーザーが編集できるHTMLは存在しません。

 

CSS

サイトの装飾を担当する言語。HTMLと同じく初心者が取り急ぎ勉強する必要はありませんが、サイト作成に関する言語の中で一番簡単・ミスしても大丈夫・サイトの見栄えを改造できるので覚えおいた方が絶対楽しいです。少し勉強するだけでカスタマイズ性が爆上がりするし、記述ミスしてもワードプレスがバグる事はありません。とっつきやすい上に成果もすぐ現れるので是非覚えてください。

 

PHP

サイトの動きを担当する言語です。HTMLやCSSとは少し様子が違うので非常にとっつきにくい。アクセスがある度に複数のPHPが協力しあって1つのHTMLを作成するという形でサイトページを我々の目の前にアウトプットしています。少しのミスですぐにログイン出来ない・アクセス出来ないレベルの異常が出る為、FTPと抱き合わせで覚えないとダメです。初心者でも入門しやすいプログラム言語という立ち位置に居ますが、我々がその域に達するのはまだまだ先の話です。

 

FTP

サイトの中に入り直接編集する事が可能なソフトです。別名・パソコンとサーバーの架け橋です。基本的にはサーバーに付属してます。サーバーへのアップロード・サーバーからのダウンロード・PHP編集・削除等、ワードプレスの核を直接触るシステムなので下手に手をだすとプログラムがぶっ壊れます。PHP編集ミスでワードプレスにログインできなくなった場合の『最後の砦』として考えておけば良いでしょう。