【コロナ】厚生労働省推奨・消毒液の代わりに使えるお酒6本

ついに厚生労働省がアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めました。消毒に使えるのは70~83度という事なので、単純に『ウォッカだったら何でもいいや、かけちゃえ』と思ってる方は気を付けてください。

ウォッカと聞けばアルコール度数が強そうなイメージですが、そのほとんどは40度以下。70度以上を探す方が難しいです。身体に40度のアルコールをぶっかけても、ただ酒臭くなるだけでコロナは撃退できません。傍から見たら皮膚から酒を摂取しようとしてる、限度を超えたアル中と勘違いされるのでご注意を。

という事で具体的にどんなお酒が消毒液として使えるかを調査してみたので、どんどん身体をアルコール漬けにしてください。

 

スピリタス(96度)500cc

世界で最も有名であろう超高濃度殺人級ウォッカのスピリタスですが、逆にアルコール度数が高すぎる為、薄める必要があるとの事。薄め方の指導が無いので軽々しい発言はできませんが、個人的には水でいいと思ってます。スピリタス100ccに対し40~50ccの水で薄めるとアルコール度数が既定の70度~83度に入り、消毒液向きの度数になります。

ただし今現在、アルコール消毒液の供給が足りてない影響で、通常では考えられない6000円という価格まで跳ね上がっております。

2021年2月現在は約2000円まで落ちました
他の消毒液も同様に価格はだいぶ落ち着いてます

cc単価は「12円」と高騰しておりますが、水で薄める事によって量は1.5倍になることを考慮すれば多少安く感じる事ができます。消毒液はやっぱスピリタスでしょ!というネームバリューを大切にしたい方にお勧めの消毒液となっております。

 

ドーバースピリッツ88(88度)700cc

唯一、原産国が日本の消毒規格酒ドーバースピリッツ88ですが、こちらも適正アルコール度数を上回ってしまっているので100ccに対し、25~30ccの水で薄める必要があります。今現在の価格は3500円とスピリタスよりも安く、cc単価も「5円」更に薄めることで量も1.3倍に増える事から『スピリタスに次ぐ次世代のアルコール消毒酒』と期待を集めています。

今回紹介した中では最もお手頃価格のアルコール消毒酒となっており、日本原産という安心感も含め、一番ポチりやすい1本なのではないでしょうか。

 

ロンリコ151(75度)700cc

余り耳にした事がないであろう少々マニアックなラム、ロンリコ151ですが、こちらはすでに既定のアルコール濃度なのでそのまま消毒液として使用できます。価格は今現在3700円ほどですが、この消毒騒ぎを受け、これから多少あがる可能性があります。一見高級そうに見えますがcc単価は5.2円。まずまずのコスパです。

 

アナーキー82(82度)500cc

見た目と名前から独特の危なさが溢れ出ているアナーキー82はAmazonの商品ページにも異様な空気が漂っております。一応酒という名目で売られてますが、もしかしたら消毒用に作られた怪しい製品かもしれません。焼酎界でいう『ビッグマン』の様な立ち位置なので内蔵の事を考えれば飲むのは控えた方がよさそうです。

500mlで2700円。cc単価は「5.4」とロンリコ151に少し劣りますが、アルコール度数は規格ギリギリの82%を攻めてます。まさに消毒用に生まれた1本と言えるでしょう。

 

ラッテ・ディ・スウォチェラ(70度)700cc

瓶の正面に髑髏、麦わらの一味の旗はこの酒のオマージュとも言われている海賊ドリンク、ラッテ・ディ・スウォチェラです。ここまで紹介したものは全てウォッカ・ラム、つまり蒸留酒なのでそこまで匂いが気になる事は無いと思いますが、これは香草・薬草系のリキュールです。消毒した部分が草の匂いに包まれます。大麻でも使ってるんでしょうか。

詳細が分からないので何とも言えませんが、下手すりゃ糖分が入ってる可能性もあるのでベットベトになります。まあここまでアルコール度数が高い飲み物に甘みを足すことは少ないので大丈夫だとは思いますが現在4500円、cc単価6.4円と少し高め。草の匂いがするという弱点も持っているので、購入は最終手段と考えてよさそうです。

 

SEIFUKU77(77度)660ml

ニュースで話題となったアルコール度数・77度の泡盛・SEIFUKU77ですが、2020年4月16日点ではネット販売されておりません。お近くの石垣島でお買い求めください。画像をクリックすると製造元のHPに行けますが、なぜかこの商品は記載されておりません。

今まで45度以上の酒は『原料用アルコール』と表記しなくてはならなかったのですが、2020年3月31日の酒税法関連規則の改正により『泡盛』の表示が許されました。そんなことは正直どうでもいいんですが、とりあえず消毒用酒になります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。