【オーディオ】プロ愛用の本格派ヘッドホンなのに安い【SONY MDR-CD900ST】

アフェリエイトは一切おこなっておりません

僕はヘッドホン嫌いの人間なのですが、この商品はプロが使ってるだけあって本当に良品です。家電屋に置いてある何千円のヘッドホンとは完全に別物。価格は10000円を越えるので少々高く感じますが、音質・付け心地・軽さを考えれば安い方だと思います。

 

宅録にヘッドホンは必須

夏は暑くて汗でベットベトになるし、重いし邪魔なので極力ヘッドホンを付けない人生を歩んでまいりました。しかし宅録はヘッドホンが無いと上手くいきません。

例えばスピーカーで音源を流してボーカルを録ろうとしたら、マイクが音源を拾ってしまいますよね。どう考えても当たり前の事なのに『ヘッドホンを付けるのが嫌』という理由だけで半年以上付けなかった男なんです僕は。

そんな人間が今、ヘッドホンを称賛する記事を書いてるんですから世の中どう動くか分からないものです。

 

とにかく軽い

初めて商品を見た時の感想は『なんかしょぼい』でした。それもそのはず、今まで見てきた安物ヘッドホンがどれもゴツさ重視だったもんで、そういう価値観が構築されてしもうとったんです。

実際に付けると軽い!付けてる感がほとんどないです。不要な物をギリギリまで削り落としたというか、そもそも余計な物を付けていないというか。

安物ヘッドホンを使用していると『とにかく早く録音を終わらせてヘッドホンを外したい』という負の力で生産力を回転させてましたが、このヘッドホンは何時間でも着けていられます。通気性もいい。確かに夏は汗かきますが、そんなもん人間の生理現象なんでどうしようもありません。とにかく着けてて疲れない。

 

音質がいい

僕は耳が馬鹿なんですが、馬鹿が聴いても『いい!』ってなります。初めてコンデンサマイクに出逢った時と同じぐらい衝撃を受けました。どこかの記事に『スピーカーに金かけるぐらいならコレ買う方がよっぽどいい』って書いてありましたが、本当にそう思いますよ。これは良いです。

バンド部分に『STUDIO MONITOR』って刺青が入ってますけど、そもそもがレコーディングのモニター用として作成されたヘッドホンなんでしょうね。

『じゃあこのヘッドホンを買えばスピーカーはつけなくていいの?』って思いますが、それはおすすめしません。ヘッドホンで聴くのと、スピーカーで聴くのは違います。スピーカーで聴くことによって初めて発見できる違和感や狂いも確かに存在しますからね。ヘッドホンだけに依存してはダメです。

 

音漏れがほぼ無い

これがマジすごい。一見『こんなもん音漏れまくるやろ!』と思ってましたが、全然漏れません。耳のところのホワホワに秘密があるんでしょうけど『密閉型ヘッドホン』と銘打つ理由が分かります。音が監禁されてます。

 

コードが1本

これまた先入観で『ヘッドホンのくせに2本コード付いてないんかい!』でしたが、この1本っていう所が良くて、全く邪魔になりません。2本あったら首の下か裏を跨ぐ形になりますが、そんな事気にする必要がない。何も気にせず着けて、何も気にせず外すだけ。機能性も抜群です。

 

という事で終始ダダ褒めで終わりましたが、欠点をいくら探しても出てこないヘッドホンです。自信をもっておすすめします。安物3個分の値段はしますが買う価値はありますね。もし壊れても他のヘッドホンは使いたくないので、確実に同じものを買います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。