【REAPER】上書き録音する方法

REAPERのデフォルトでは、複数回の録音を繰り返した中からベストの1テイクを選ぶ方法が採用されています。同じタイムライン上で何度録音を繰り返してもアイテムの上書きはされず、どんどん新たなアイテムが積み重なってく仕様です。

具体的に言うと、5回録りなおしをすれば5個のアイテムが同じタイムライン上に存在する事になり、その5個の中からベストのワンテイクを選択するという形。これはどちらかというとプロ向きというか、プロジェクトチームを組んでる様な場合に役立つんじゃないでしょうか。

1人で全てを行っている我々にそんなもの必要ありません。誰に相談する事もありませんし、そもそも相談する相手がいません。わざわざ無駄なテイクを残す必要がないのです。むしろ勝手にどんどん消えて欲しい。

という事で最初から無駄なテイクを上書きする環境に変えます。選択する時間も浮き、不要テイクの削除も自動なので、かなりの手間が省ける事になります。ベストテイクを選ぶことすら面倒臭い。最後に生き残った奴が勝者です。

 

▼上メニュー▼オプション▼録音時に既存のアイテムと重なった場合▼既存のアイテムの長さを短くする▼チェックを入れる

これで同じタイムライン上の過去アイテムは新規アイテムに上書きされ、不要なテイクを削除する手間も、選択する手間も省けます。