【ワードプレスエラー】PHPの編集ミスでログインできなくなった場合の復旧方法

ワードプレスにログインしようとした瞬間に上図の様な警告文が表示された場合はまず動悸を抑えましょう。このエラーの原因は基本的にPHPの編集ミスです。たった1文字の間違いですらエラーが出ます。なんかあったらエラー出しときゃいいぐらい思ってるんですPHPは。原因の99%は異常発生直前にいじったPHPなので、そいつを特定します。

 

【親テーマのPHPだった場合】基本的に親テーマのPHPに触れちゃダメです。バックアップを取っていないのなら、別サイトから同じテーマのPHPを丸々コピーしてくるしか方法は無いと思います。が、それで絶対に修復できる保証はないので、無理なら諦めましょう。

【子テーマのPHPだった場合】親テーマから引っ張ってきたPHPなら原因のPHPを削除すれば修復できますが、子テーマに最初からあるPHPはちょっと危ないです。バックアップを取ってないなら親テーマと同じく別サイトから持ってくるしかないですし、修復できる保証はありません。無理なら諦めましょう。

【プラグインのPHPだった場合】プラグイン削除で修復できます。ただワードプレスにはログインできないので、FTPでプラグインのフォルダごと削除してください。

 

PHPを開き直前に記入したコードを元に戻しても復活します。ただし専門知識のない素人が複雑な編集をしていた場合、再構築は困難を極めます。削除して親テーマから再アップロードした方が早いです。状況に応じて使い分けてください。

原因となっている子テーマのPHPを削除すれば、自動的に親テーマのPHPが適用されるので修復できる可能性は高いです。が、削除するPHPによっては上手くいかない場合が有りますので保証はできません。自己責任でお願いします。

FTPで原因のPHPを直接修正する場合は異常の出てるドメインの▼public_html▼目的のPHPがある場所を探す▼PHPを開き直前に記入したコードを元に戻す▼これでも復活します。ただし専門知識のない素人が複雑な編集をしていた場合、再構築は困難を極めます。削除して親テーマから再アップロードした方が早いです。状況に応じて使い分けてください。

サイトをより精密にカスタマイズしたい場合はPHPをいじるしかないのですが、CSSに比べ非常にデリケートです。どんな異常が出ても対処してやるぜ!ぐらいの心意気が必要なので、最初は実験用サイトで異常回復の練習をした方がいいかもしれません。