累計230万円を貸して犯罪者扱いされるまでの話

『ごめん、お金を貸して欲しいんやけど…』

世の中にはお金に困っている人が多く存在します。そういう人々は日々、例外なく払い物に追われてます。自分の収入・貯金では首が回らなくなった時、誰かにお金を借りるしかありませんよね。金融機関(アコム等)や親から借りてくれれば何の問題ないんですが、基本的にはお金を貸してくれそうな知人を訪ねます。

 

金融機関に借りれば金利が高い・クセになりそう・取り立てがしっかりしてそう・ヤクザみたいなのが出て来そうで怖い・もう既にブラックリスト入りで借りれない。

親に借りれば金利は無いけど借りにくい・言いにくい・変な心配されそう・恥ずかしい・ガッカリされそう・親も金を持っていない。

知人に借りるのは上手くいけば無金利・無担保・基本的に金を貸すことに疎いから取り立て技術も無い・怖くない・最悪関係が切れたとしても問題ない・それで借金がチャラになる可能性もあるからリスクほぼ無し。

 

僕はここ数年で何人ものクズに金を貸してきました。貸してる僕もクズなんですよ。自覚はしてます。累計約230万円。現時点で返ってきてるのは50万円程度です。

長い付き合いのある友達・一見そういう風に見えない知人・職場関係の人間・親族・もうどこからでもウジの様に湧いてきます。凄い生命力です奴らは。

本当にうざったいんで無視しても全然いいんですが、僕もつい貸してしまうんです。良い大人が計画性無しで生きて来てろくな貯金が出来てないから金が回らなくなる=そんな奴に貸しても返ってくるわけがないって所まで理解した上で貸してるんですから本当にクソ馬鹿ポイポイピー野郎ですよ。

という訳で今回は『自分への戒め』の意味も込めて書きます。

これを読んでる皆さんもこれから先の人生で『お金を貸してほしい』って言われる事があるかもしれません。そんな時にこの記事を思い出してもらうと被害は最小限に食い止められると思います。頭の片隅に置いておいてください。

 

繰り返しになりますが僕自身の実体験からハッキリと言えます。貸した金は95%返ってきません。金の貸し借り問題なんて昔から幾らでもあるし、こんなセリフ聞き飽きてると思いますけど、本当にその通りなんですよ。

返ってくる可能性も5%ぐらいあります。5000円~10000円ぐらいだったら高確率で返ってきますが、5万を越えてくればもう返ってこないと考えておくのがベスト。それが分かってても貸してしまうボンクラがここ(僕)に実在してるんで、今一度しっかり頭に叩き込んでください。

もし貸すなら、返ってこなくてもいい金額だけにしましょう。理想は『その金はやるからもう二度とくるな』のスタンス。それを手切れ金って言う人もいますが『なんでこっちが金はらって関係切らないかんのや?』っていうおかしな話です。でかい蠅の駆除代、もしくは粗大ゴミ代と考える方がしっくりと来ます。

 

金を借りに来たヤツが120%吐くセリフがあります。これはもう常識問題すぎて誰でも分かりますね。テストにも出ませんが一応触れておきましょう。

『絶対に返します!助かります!ありがとうございます!』

その時は本当に『絶対返す』っていう気持ちが有ったとしても、時の流れと共に消滅します。雨の中に放置された綿菓子です。金を借りる時は本人は鬼気迫ってるので結構ガチ目で悲壮感を漂わせてます。借りれると分かった瞬間、ものすごい感謝を表明しながらものすごいデカい綿菓子を作り始めます。

ありがとう!
本当に助かった!
この恩は必ず!

このセリフが吐かれているという事は、金は返ってこないと判断して大丈夫です。もう手遅れです。お疲れ様でした。

 

基本的に金の管理が下手な奴は『報告・連絡・相談』が出来ません。社会人として欠陥がありますからこそ、借金せざるを得ない事態に追い込まれるんです。常人と同レベルの事を期待しても無駄です。約束の期限が近付いたとしても借りた側から連絡してくることはありませんので、こちらから催促して行く事になります。

ここが一番の問題点。

困った人に金を貸して助けてあげるというのは『自分の人生を削って稼いだお金を一時的に預ける事』です。いわば大切な時間を他人に預けるのと同じであり、生半可な覚悟では出来ませんよね。本当に天使の所業と思いますよ。

しかし『約束の期限を過ぎたのでお金を返してね』と催促を始めると、まさかまさかで悪魔の所業に180度変わります。貸したものを返してと言ってるだけなのに、なぜかこちらが悪者扱い。

劇的ビフォーアフターも真っ青。

確か『目の前の困った人を助ける』という良い行いをしたはずなのに、気が付けば恐怖の取立人ですから。これが金を貸すという行為の一番怖い部分で、立場が完全に真逆になるんです。貸した側が加害者・借りた側が被害者の構図になります。100%なります。これはマジで覚悟しといてください。こちらの言い分は何も間違っていないにも関わらず、借りた側は『開き直り』という勇者しか装備できない最強の武器を使って戦いを挑んできます。

 

ごめんもうちょっと待って

今月はこれだけでもいい?

いや、だから今、お金ないって言ってるじゃん

お金ないのにどうやって返せばいいの?

わたしに死ねっていうの?

 

悲劇のヒロイン誕生の瞬間です。なぜか貸した側が犯罪者予備軍となります。ここまで来たらもう普通に対処しても無理です。もともと正常に回ってない頭が加速度を増してとんでもない発想になります。一度手に入れた人の金を守る事ことだけに全力を注ぐヤツが、人の話なんて聞くワケがないのです。正論で優しくお話をしても火にメチルアルコールを注ぐだけ。

ということであなたは下の選択肢から1つを選ぶ事になります。

 

①潔く諦める…返ってこないので貸した側の損

②無駄と分かってても待つ…返ってこないので貸した側の損

③法律相談所へ駆け込む…法律じゃ取り返せないので貸した側の損

 

もちろんお金を貸すときに口約束じゃだめですよ。奴らは約束を破るプロです。録音してても証拠として能力があるかどうか微妙ですし、証拠になったとしても金が返ってくるかどうかは別問題。おそらく無理でしょうね。

という事で借用書的な書類を作ることをお勧めしますが、僕は基本的に作ってません。冒頭に言った様に蠅の駆除代と思ってますので、返ってこないならもうそれで終わりです。

借用書の作り方ですが、その辺のノートを破って、金額と期限を一筆かいて、お互いの実名書いて、判子おして…ってやり方がありますが『絶対に返してもらおう』と気持ちが1gでも有るのならお勧めしません。そんなもの本当に形だけです。素人が即席で作ったチキンラーメンみたいな紙切れに借金回収能力が有るとは思えませんからね。後で弁護士に持っていっても笑われるだけです。

なので弁護士か公正証書に頼んでガチの借用書を作ってもらう必要があるんですが、これを提案するのはかなり効果があります。もちろん書類作成代は借りる側に出させてください。真面目に本気で借りに来てる人なら『それが一番安心だね』となりますが、クズは違います。

一番嫌いな不慮の出費が発生する事になり確実に『面倒くせえな』の流れ。そもそも『知人ならすぐ貸してくれるだろう』という甘えた考えで来てるんで『たった10万円借りるのにそこまでやる?』って気持ちが表情や言動に現れます。ここでトドメ。

『貸したいのはやまやまだけど、書類を作らないのなら貸せない』

僕の様に頼まれたら断れない民族にとっては、これが一番無難に対処できる方法でしょう。おそらくこの時点で借りる事を諦めると思います。なぜか?

そこまでやられたら絶対に返さなくてはいけなくなるからですよ。やつらは借りに来てるんじゃありません。貰いに来てるんです。

法的力を持った書類に対し開き直りは効きません。家、車、給料、差し押さえが可能になるので逃げようが無いわけですね。ただし家も車も給料も無いヤツから金は出てきませんからね。自己破産でもやられりゃ終わりですよ貸した側なんて。

商売として金利を考えて貸す方がまだマシ。善意で貸して得する事なんて皆無。無意味な面倒と精神的苦痛を背負うだけです。下手に取り立てでもすりゃ逆切れされて刺されて死ぬだけですわ。

金は貸すな。分かっていると思いますがこれが結論です。今まで色々な人間に貸してきて、裏切られ、痛感しました。貸そうが貸すまいがどうせそいつとの関係は切れます。いや、切った方が身のためです。という事で最善の対処法はこちら。

 

電話の場合…『実は金を貸してほしいんだけど…』『無理やね』ピッと即切り着信拒否でさようなら。

家に来た場合・玄関編…『実はお金を貸してほしいんだけど…』『無理やね』ガチャッと即玄関しめて着信拒否でさようなら。

家に来た場合・リビング編『実はお金を貸してほしいんだけど…』『主人(妻)に相談するから後で連絡する』理由は何でもいいので一刻も早く帰してください…3時間後『無理やったわー』ピッとなるべく早く断って即着信拒否。

全てに共通する優良対処法…いつの間にか苦労話を聞かされたといたしても同情してはいけない。ハッキリ『無理』と言う。その後の関係を断ち切る。

 

今回は以上です。もうすでに公正証書無しで貸してる人は諦めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。