まっくろくろすけの歌に隠された矛盾

スタジオジブリ作品で最も有名な作品といっても過言ではない奇妙な作品、となりのトトロ。知らない人は一度病院で診てもらってください。似たような作品の『隣の団地妻』とは一切関係ありません。

何が奇妙かっていうとストーリーはえらく単純。田舎に引っ越してメイが迷子になって無事みつかっただけ。映画開始と映画終了時の状況が一切何も変わっていないという奇跡の作品です。でも面白い。泣いちゃう。

僕はなぜか『樹がめっちゃ早いスピードで成長する』っていう場面で泣いた事あります。未だになぜあの場面で感動したのかさっぱり分かりません。

何度見ても100%の涙腺崩壊率を誇る場面は『あの樹の上で2人が笑ったようにみえたの』お父さんが拾い上げたトウモコロシにはアラビア文字で『おかあさんへ』

この瞬間エンディング曲に入るんですが、このタイミングがマジで絶妙。間が本当に素晴らしい。この間で泣ける。だが今はそんな話をしている場合じゃない。

さっそく本題に入りますが皆さんご存知『まっくろくろすけの歌』を知っていますでしょうか?知らない人は一度病院で診てもらってください。

まっくろくろすけ出ておいで♬出ないと目玉をほじくるぞ♬

さつきとメイがニコニコ顔のパーティー感覚で歌ってるんですが、その雰囲気とは裏腹に内容は非常にグロテスクです。SAWの拷問を彷彿とさせる『目玉をほじくる』という悪魔的ワード。くろすけサイドにしてみれば恐怖しか生まれず脅迫事件で訴えてもいいレベル。僕がくろすけなら絶対に出ていきません。こういう高圧的な脅しをかけてくる輩は、出て行った所で約束を反故にするのが相場で決まってます。

『出てきてくれたんだねぇ?でも気が変わっちゃった!ザクッ』って結局目玉をほじくるんです。それはどうでもいいんですけど皆様、この歌詞に矛盾があるってお気づきになられてますか?これは衝撃的内容ですよ。今ここで発表する事により、世界の株価が変動する可能性があります。

まっくろくろすけ出ておいで…まだ出てきてない

出ないと目玉をほじくるぞ…出てないから目玉はほじくれない

僕からは以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。