初心者でも作れるHTML・画像付きリンク

初心者にとって憎き死神HTML。深く知ろうとすると莫大な時間がかかる上に大して知る必要も無い言語なので軽く仕組みを頭に入れとけば大丈夫です。今回は画像付きリンクの作り方をご紹介します。HTMLの登竜門といえば画像付きリンク。これはもう昭和初期から決まってます。現在はワードプレスのバージョンアップが進みHTLMを組まなくても作れるようになっていますが、あくまでHTMLはどんなものかを知る為の記事としてご覧ください

 

▼使いたい画像をメディアにアップロードする▼

 

 

▼外観▼ウィジェットに移動▼テキストをサイドバーに挿入▼テキストタブをクリック▼テキストエディタを開く▼下のコードをコピペ

<a href=”リンクさせたいURL”><img src=使いたい画像の住所></a>

▼リンクさせたいURLを挿入する(今回はhttps://www.youtube.com/watch?v=XazyhnymUQo)

 

▼左メニュー▼メディア▼使いたい画像をクリックして▼URLをクリップボードにコピー▼これを画像の住所にペースト▼完成したHTMLをテキストエディタに張り付けると画像付きリンクが表示されます

<a href=”https://www.youtube.com/watch?v=XazyhnymUQo”><img src=https://tripleparkers.com/wp-content/uploads/2022/03/hqdefault-2.jpg></a>

 

ついでにテキストリンクも作ってみます。画像つきリンクを作れるならテキストリンクも簡単です。上から順に通常版・中央寄せ・右寄せ太字です。

ボサノバ

タンゴ
 

ランバダ

<a href=”https://www.youtube.com/watch?v=U495dRamTpE”>ボサノバ</a>

<center><a href=”https://www.youtube.com/watch?v=DdO_dZyFsZg”>タンゴ</a></center>

<p style=”text-align: right;”><a href=”https://www.youtube.com/watch?v=iyLdoQGBchQ”><strong>ランバダ</strong></a></p>

 

HTMLにも様々なコードが存在してます。今回説明したのは保育園・新生児レベルです。これ以上は本腰いれて勉強しないと理解不能な世界なので覚悟が必要です。