【配線解説】オーディオインターフェース・パソコン・マイク・電子楽器・ボリュームコントローラー・アンプ・スピーカー・ヘッドホン

アフェリエイトは一切おこなっておりません
オーディオインターフェース Steinberg UR12
電子ピアノ YAMAHA P-125
サスティンペダル CASIO SP-20
コンデンサマイク Behringer B-1
マイクスタンド RODE・PSA1
録音ソフト REAPER
4チャンネルアンプ Behringer・HA400
ヘッドホン SONY MDR-CD900ST
小型アンプ ELEGIANT
スピーカー 中古のONKYO

パソコンで電子楽器やボーカルを録音する為の配線を解説します。今回は具体的な説明をするため僕のもってる機材の接続例を書きますが、環境は人によって変わるので柔軟に対処して頂ければ大丈夫です。仕組みさえ分かれば簡単なんですが、僕も初心者の時は何がなにやら分からなかったので、配線に悩んでる方の参考になれば幸いです。

 

オーディオインターフェースへ入力する

とにかくオーディオインターフェース(Steinberg UR12)に全ての配線を集めれば勝手に上手くいきます。基本的に表側が入力端子・裏側が出力端子となっています。接続の順番はどうでもいいんですが、今回は表側の入力から潰していきます。

 

電子ピアノ(YAMAHA P125)の出力とオーディオインターフェースの入力をステレオ標準プラグで接続します。冒頭の図には書いてませんがピアノにはサスティンペダル(CASIO SP20)も接続されてます。

 

次はコンデンサマイク(Behringer B-1)の出力とオーディオインターフェースの入力をキャノンケーブル接続します。ダイナミックマイクならファンタム電源オフ、コンデンサマイクならファンタム電源オンにする必要があります。

マイクスタンドは RODE・PSA1 を使用しています。

 

オーディオインターフェースから出力する

PCとオーディオインターフェースの裏面をUSB接続します。これで入力された電子ピアノとコンデンサマイクの音がデジタル信号となってPCに入力され、DAWソフト(REAPER)で録音・編集する事ができます。

 

オーディオインターフェースの裏側のライン出力から赤白端子をステレオ標準プラグに変換して4チャンネルアンプ(Behringer HA400)へ出力します。

 

アフェリエイトは一切おこなっておりません

赤白端子からステレオミニプラグに変換する配線がアマゾンや電機屋さんに売ってますん。オーディオインターフェースによって出力部分の形状は違いますので、臨機応変に対応してください。

 

ステレオミニプラグは変換プラグを嚙ませると標準プラグに変換できます。変換した出力はそのまま小型スピーカーに繋ぐ事もできますが、僕は途中にアンプを噛ませて『スピーカー行きの音』と『ヘッドホン行きの音』に分けてます。

 

4チャンネル出力アンプは必須アイテムではありませんが有ると超便利です。オーディオインターフェースのライン出力を入力(INPUT)に差し込むと、この機材から更に4つの機材へ出力できます。しかもそれぞれのボリュームが独立してるのでマジ最強です。このアンプからスピーカーとヘッドホンに音を分岐させます。

 

ヘッドホン(SONY MDR-CD900ST)はステレオ標準プラグで繋げばOKです。

 

スピーカーに繋ぐためには出力をスピーカーケーブルに変換する必要があります。

小型アンプ(ELEGIANT)には『ステレオミニプラグで入力された信号を、スピーカーケーブルで出力する』という能力があるので、コレを間に噛ませます。家庭用のコンポ(スピーカーケーブル出力できる物)でも代用できます。

この小型アンプはバナナプラグにも対応してるのでスピーカー加工もします。

【バナナプラグ】スピーカーケーブルの接続部分を変換する金具

 

あとはそのままスピーカー(中古のONKYO)に接続すれば全ての配線が終了です。機材によって細かい部分は変わってきますが『音の発生地点→オーディオインターフェース→音のゴール地点』をイメージしながら配線するとどんな機材でも接続できます。

要となるオーディオインターフェースは入力数や環境によって変えていく必要がありますが、どれだけ出力や入力が増えようがやる事は同じです。配線が苦手な方はもう慣れしかありません。頑張ってください!

【オーディオインターフェース】初心者入門むけ・録音環境の世界が変わる【Steinberg UR12】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。