【安物サンドバッグ】大人のトレーニングには全く使えません【feileng】

以前、ボクシングジムに置いてあるようなサンドバッグを購入して部屋に吊り下げようとしてましたが『木造の家に無理やり付けると柱がゆがんで家がぶっ壊れる』という恐ろしい口コミを発見して断念。

それならば、おきあがりこぼし的なサンドバッグを試してみようと考え購入。苦労して組み立てたもののサンドバッグ感は皆無でした。

 

下の灰色の部分には水か砂を入れます。一般家庭にこんな量の砂があるワケ無いので、ほぼ確実に水道水を入れる事になります。少なそうに見えますが結構の量が入っているので、万が一部屋で破れた場合にはビッチャビチャになります。

浮き袋みたいな状態で届くので、空気を入れるのがめちゃくちゃキツイです。エアーコンプレッサーがあればいいですが、一般家庭にそんなものがあるワケ無いので、足でペコペコ踏む空気入れ・自転車の空気入れ・ボールの空気入れを駆使して入れる事になります。

しかしこれがなかなか上手く入らず、最終的に自分の息でトライする事になるのですが、5回ほど酸欠で倒れそうになります。世界に1人ぐらいはコレに空気を入れる途中に死んでると思います。中に入る空気の量を想像してもらえると分かりますが、おそらく風船100個分ぐらいの空気が必要です。

数字の部分をいくら殴っても全く力が伝わりません。一反木綿と戦っている気分になります。起き上がるまでに1~2秒のタイムラグが生じますので連続パンチは打てません。

下へ行くにつれ水の重さが効いてくるのでキックなら多少はダメージを与えている気分に浸れますが、やりすぎると灰色部分と黒部分の内部境界に亀裂がはいり、中の水が全体へ移動する事になります。そうなればもう起き上がる事はありません。

 

類似品の商品購入のページではだいたいボクサー・空手家・スタイルの良い女性・筋肉ムキムキの男性が殴っていますが、ヤツらは絶対にこんなものでトレーニングしていません。

他の商品を試していないので何とも言えないのですが、やはりサンドバッグには重さが必要だと再認識しました。中身が空気の商品はほぼ同じような感じだと考えていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。