ファミコン・スーパーファミコンをパソコンで録画する方法

PCに取り込む機材 AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS
RCA端子をHDMIに変換する機材 AV to HDMI変換コンバーター
録画ソフト Bandicam
難易度 ★★★☆☆ 機材を集めるのに労力とお金がかかるだけで、配線自体は簡単です

配線図

①【ファミコン】【スーファミ】からでるRCA端子を【AV to HDMI】でHDMIに変換して【LGX2】に出力

②入力されたHDMIの信号を【PCにUSBで送る】【遅延対策用のTVにHDMIで送る】

③PCとモニターは【HDMI(もしくはVGA)】で繋ぐ

配線は以上です。

 

LGX2

パソコンでプレイ映像を録画する場合は【AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS(以下LGX2)】をおすすめします。

LGX2は『機材に挿入されたメディア(SDカード等)に録画データを書き込む』のではなく『USB経由でパソコンにプレイ映像を送る』のがメインの機材です。

なので録画はパソコン側で【バンディカム】等の録画ソフトを使用して行います。

ただし僕の様に『パソコンのスペックが低い場合』はPCモニターでプレイしていると遅延が発生してゲームどころの騒ぎじゃありません。映像の情報が遅れてやってくるので、モニターでマリオが飛んだ頃には死亡BGMが流れてます。

そういう場合はLGX2からのHDMI出力を『別のTV』に繋ぐ事で、HDMIからの信号を直接アウトプットさせ、遅延を回避する事ができます。

『PC=録画用』
『TV=プレイ用』

人間と一緒で『1人で出来ない仕事は2人でやろう』と、仕事を分けてあげるのです。何事も助け合いです。

 

LGP2について

過去に同じアバーメディアの【AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878】という機材でも録画を試してみました。AGX2と同じ使い方もできますので、パワーアップバージョンみたいな物と思ってもらえばいいでしょう。

その分価格も割高です。

LGX2と違う点は『本体に挿入されたSDカードに録画データを書き込む事ができる』要するに『パソコンで録画する必要が無い』という事です。

ただしLGP2本体内で録画する場合は『細かい録画設定が困難』というのがデメリットとして挙げられます。外付けのマイクの接続・音量の微調整が困難なので『ただのプレイ動画』を撮る分には問題ありませんが『実況動画』を撮る分には不向きです。

『せっかくオーディオインターフェースとコンデンサマイクがあるから、そっちで実況音声を録画したい』という場合、LGP2本体への接続方法を考えるよりも、単純に『TVでプレイ、PCで録画』した方が早いのです。

という理由で、僕は【LGP2】より【LGX2】をおすすめします。

 

AV to HDMI変換コンバーター

ファミコンやスーファミの出力は【RCA端子】と呼ばれる、昔懐かし3色端子です。黄色が映像・白赤が音声を伝えます。

【HDMI】を簡単に説明すると『この全ての信号を1本にまとめ高品質で伝える事の出来る超有能な線』です。最近の家電配線はほぼ100%と言っていいほど、このHDMIに変わってます。三色端子なんて全く見かけません。下手すりゃTV側の入力端子すら付いてないんじゃないでしょうか。

もちろん【AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS】の入力もHDMIなので『RCA→HDMI』に変換する必要があります。

 

そこで活躍するのが【AV to HDMI変換コンバーター】です。変換は一方通行になってるので『HDMI→RCAへの変換』は出来ません。

これさえ変換してしまえば配線は終わったようなもんです。

配線がしっかりできてれば【ファミコン・スーファミ】【LGX2】【PC】【モニター】と信号は来てますが『どうやってPCモニターに映して、どうやって録画するの?』という疑問にぶつかると思います。僕もそうでした。

 

バンディカム(録画ソフト)

パソコン側での録画は【Bandicam】 を使用します。他にも色々録画ソフトはありますが、まあこれが一番有名だったんで僕はコレを使ってます。ダウンロードすればすぐ使えます。

無料で使う事もできますが、録画する動画上部に『Bandicam』というロゴが強制的に入れられます。他にどんな制限があるかは知りません。

青いボタンの左から3番目を押すと『外部デバイスのキャプチャー』要するに【LGX2からの信号】をアウトプットする事ができます。

 

ちょっとした設定を求めれられるかもしれませんが、設定したのが1年ぐらい前なんで覚えてません。難しかった記憶ないんで適当にやれば映ると思います。

 

という事で接続できました。

スペックのへぼいパソコンで上手く録画するコツは『プレイ画面をモニターに映さない』という事を発見しました。全画面表示して録画すると『遅延有りの動画』になってしまうのです。

バンディカムは上図の様にプレイ画面を移動できるので、このまま下のほうにフェードアウトさせ『上のバーだけが見える状態で録画』すると『遅延の少ないプレイ動画』を撮る事が出来ます。

 

試しに録画してみたんで、どんな感じに仕上がってるかは下の動画をご覧ください。何か分からない事があったらコメントから質問ください。それにしても【エキサイトステージ94】は15年ぶりぐらいにやりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。