【ワードプレス】サイトコピー・複製プラグインの致命的な欠点【Duplicator】

以前紹介したワードプレスを丸々コピー・複製できるプラグイン Duplicator はめちゃくちゃ便利なんですが僕の確認した限り2つの重大な欠点がございます。何も知らないで使っているとある日いきなりビックリする出来事が起こりますので注意してください。

 

不要データをネズミ講式に生産する

Duplicatorでサイトをコピーした場合、そのサイトだけでなく『そのサイトが入ってるフォルダをサブドメイン含め全て複製する』という恐ろしい特性を持っています。意味わかりませんよね。どういう事なのか具体的に説明します。

 

【サイト1】を運営している
【サイト2】を作成したいので【サイト1】をDuplicatorで複製する
【サイト3】を作成したいので【サイト2】をDuplicatorで複製する
【サイト4】を作成したいので【サイト3】をDuplicatorで複製する
【サイト5】を作成したいので【サイト4】をDuplicatorで複製する

本当はもっと複雑ですが、単純にこんな感じで複製したとします。僕は今まで『コピー元サイトだけを複製している』と思ってました。答えはNOです。これはそんな簡単な話じゃありません。小規模化した具体例でみていきます。

 

【サイト1】に100枚の画像を使っていたとします。

それをコピーされた【サイト2】には最初から100枚の画像があり、更に新規で100枚の画像を追加しました。

それをコピーされた【サイト3】には最初から200枚の画像があり、更に新規で100枚の画像を追加しました。

それをコピーされた【サイト4】には最初から300枚の画像があり、更に新規で100枚の画像を追加しました。

それをコピーされた【サイト5】には最初から400枚の画像があり、更に新規で100枚の画像を追加しました。

 

コピーしてる本人は『それぞれのサイトで100枚の新規画像を追加したので、サーバー内の画像を全て合計すると500枚だ』と思ってます。3時間前までの僕です。

しかし現実には『100+200+300+400+500=1500』

1500枚。この時点で僕の脳みそ内のデータ量と3倍の誤差が発生。サイト1で使用していた100個の画像は4度のコピーの末『100+100+100+100+100』サイト5が生まれた時点で500個になってます(それぞれのサイトに100ずつ存在している)サイト1でしか使用していない画像が意味も無く5倍になっているという驚愕の事実です。

今回の例は【サイト5】までしか考えてませんけど、実際は【サイト30】ぐらいまでやってますからね。とんでもない数の無駄データを複製しまくって来たんです。しかも画像だけじゃないんですからねデータは。プラグイン・PHP・テーマ・htaccess…

何から何までネズミ講方式の倍々ゲームで増殖してるんです。画像はいいですよ消せばいいだけですから。PHPとかhtaccessとか怖くて消せないんですわ。もしミスって必要なデータ消したらサイトが死ぬんですわ。。

消しましたけどね。決死の覚悟で。溢れてましたから.htaccessが。なんでこんなに.htaccessがあるんやと。普通1つのサイトに1つだろうがと。こんなにたくさんの.htaccessに囲まれた槇原敬之は幸せに暮らせるのかと。htaccessってそもそも、何なんだと。もう僕びっくりしまして。今まさに命がけで3時間、不要っぽいデータを削除しまくった結果。

 

サーバーのディスク使用量がめちゃくちゃ減りました。総ファイル数なんて31万個も減りましたからね。どれだけ不要なデータを蓄積し続けたのかよく分かる数字です。Duplicatorはとっても便利だけど、不要データの削除はこまめにやっておこうね、というお話でございました。

これで終わりならまだ★★★★☆ぐらいは付けれたんですが、更に異常が確認されまして、これはもう『使えないな』ってレベルだったので困ったもんです。

 

コピーサイトからログアウトさせられる

今まではこんな事なかったんですが、最近Duplicatorで新たに複製したサイトを編集してたら、やたらログアウトさせられるんですよ。理由はわかりません。

どこかの何かが完全コピー出来てなくて、ワードプレスが『これ何か違くね?』って感じでログアウトさせてきてる感じです。普通にログインできるんですが、何分か後にはログアウトさせられます。

原因として考えられるのは『httpとhttpsの違い』『メディアの住所違い』まあ色々と頑張ってみたんですが、どうにも解決できなかったので結局コピーしたサイトは削除せざるを得なくなりました。その後何度かやってみましたが、結局同じ症状がでるので削除。

最終的に『もうDuplicatorは使えないな』と判断するしかなかったのです。本当にお世話になったプラグインなので名残惜しいですが仕方ありません。今までどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。