【デュアルモニター】HDMIとVGAを使ってモニターを増やす

デスクトップパソコン使いなら誰しもが一度はあこがれるデュアルモニター(ディスプレイ2台を結合させる)はハードルが高いようで実はめちゃくちゃ簡単です。配線だけならアホの坂田がUFO踊りながらでも出来ます。

パソコンからディスプレイ出力する方法はHDMI出力・VGA出力が主流で、デスクトップPCには大体最初からこの2つが付いてます(ノーパソはVGAだけが多い)要するに増設モニターとケーブルさえあれば誰でもデュアルディスプレイにできるって事です。3台以上結合させる方法もありますが今回は2台まで。

 

上の大きな青い台形端子がVGAで穴の数はアメリカの州の数と同じです。下の小さな端子がHDMIです。それぞれ詳しく見てみましょう。

 

これはAmazon印のVGAケーブルです。ケーブルは太くて頑丈ですが、ネジ部分が回しづらいのであまりおすすめしません。HDMIが流通する前はパソコンをディスプレイ出力するならVGAっていうのがお決まりでした。少なくとも僕がパソコンを触りだした頃にはこの端子が存在してました。

 

HDMIは皆さまお馴染みなので説明するまでもないと思いますが、配線界に流星の如く現れた新型万能ケーブルです。VGAの立場を完全に奪い去ってしまいました。今やほとんどのTV・レコーダー・ゲーム・パソコンはHDMIに統一されてます。キング&プリンスの平野君と思って頂ければイメージしやすいでしょう。HDMIも質がピンキリなのですが、そこまで気にしなくていいと思います。これもAmazon印の延長ケーブルですが特に異常はでてません。いたって普通のHDMIケーブルです。

 

HDMIは差すだけですが、VGAは上下のネジをネジネジして固定します。外れやすいんでしょうね。PC側の接続は終了したので次はモニターに接続します。当たり前のことですがモニターが2台必要です。ケーブルは繋いだもののモニターが無いというおっちょこちょいさんは今すぐ四国のお遍路八十八箇所を巡ってください。

注意点は当たり前の事ですが、モニター側に接続できる入力端子が付いている事です。大概両方付いてますが安物はHDMIしか付いてない場合があります。そこだけはしっかり確認してディスプレイを購入してください。両方とも同じ入力しかなければデュアルモニターは出来ません。いや出来ますけど『3台以上の接続』と同じぐらい面倒になってきますので手間とお金がかかります。

基本的にはメインモニターをHDMI接続、サブモニターをVGA接続します。別にどっちでもいいんですけどね。好きに接続してください。

 

出来れば全く同じディスプレイ2つがベストです。メーカーや型番が変わってくるとディスプレイの高さがズレます。僕は上図の様にDELLのディスプレイと10年前のTVをデュアル化して使ってましたが、高さが合わないので結構気持ち悪いです。

しかも最新と10年前では解像度が全く違いますので、ディスプレイ間で移動すると拡大・縮小の関係で字が読めなくなったりする不都合が生じます。ただデュアルモニターにするのは誰にでも簡単に出来ますが、ベストの環境を作りたいのであればディスプレイをしっかり選ぶ事が重要です。

 

僕はDellの27インチモニター・SE2719HRを2台使用してますが、別になんでもいいです。2つ同じものが揃うのであればその辺に落ちてるディスプレイで構いません。

 

▼デスクトップで右クリック▼ディスプレイの設定▼からデュアルモニターの設定に入ります。細かい事は抜きにして上図の様にディスプレイ同士が繋がってる状態を目指してください。これがゴールです。

 

なんで1と2が入れ替わってるのか分かりませんが、そんな細かい事はどうでもいいんです。とにかく繋がりゃいいんですよ。

 

基本的には(推奨)と表示された物を選んでおけば間違いありませんが、相手は機械です。どうみても推奨じゃないだろっていう画面になる時もありますので、使う人の目からみてベストのレイアウトをチョイスしてください。

 

選択しているディスプレイに何を表示させるかを決めます。複製すればメイン画面と同じものがサブモニターに表示されます。拡張すれば作業領域が拡張され、2画面を使った作業が行えます。この接続を応用すれば下記事のような複雑な接続も出来ます。

 

【デュアルモニター】サブモニターに画面を複製・切り替える方法