ダイナミックマイクとコンデンサマイクの違い

ダイナミックマイク

今まで使用していたSHURE・SM58は値段は10000円ちょいぐらいだけど超有名なマイクです。USBではなくキャノンケーブルなのでパソコンに接続する為にはオーディオインターフェースが必要となります。

電源不要なのでオーディオインターフェースのファンタム電源はオフでOK。これには諸説あって『オンのままでもいい』という人もいれば『絶対オフにした方がいい』という人もいる。この争いの結末はよく分からない。

頑丈なのでライブやイベントに向いてます。かなりの勢いで何度も落としましたが特に異常はでてません。ただ僕は耳がゲキヘボなので異常に気付いてないだけの可能性あり。録音の場合でもロックな曲はこちらの方が合うかも。

マイクスタンドがない限りは手にもって使用。手元にオンオフスイッチが無いタイプもあります。マイクの握り方(マイクの棒のところをもつのか、マイクの丸いところを握るのか、包み込むようにもつのか)で声質が結構変わってくる。1曲1発録りじゃなくて、1曲を何パートにも分けてバラ録りするのは注意が必要。フレーズとフレーズの継ぎ目で持ち方が変わると違和感が発生します。

基本的にマイクのごく周辺の音しか拾わない超単一指向性なので生活音などを拾いにくいが、録音時には音量の調節が非常に難しい。僕的には音質とかどうでもよくて、ここが一番のネックでした。あくまで個人的意見でありダイナミックマイクで録音してる人も多数います。

オーディオインターフェースの入力ゲインとの兼ね合いもあるが、少し声を大きくしただけですぐにレベルオーバー(音が大きくなりすぎて割れる)してしまうので、Aメロなどの静かな部分と、サビなど盛り上がる部分の強弱の調整にすんごい時間がかかる。できるだけミキサー処理したくない僕にとっては面倒の極み。

口とマイクを近づけたり遠ざけたり、声の大きさを変化させて何パターンも録って実験してみたり、録音ソフトで音量を調節したり、とにかくこの部分にめちゃくちゃ苦労して効率的ではないと判断したので『コンデンサマイク試したい』という欲望が生まれました。

 

コンデンサマイク

新たに購入したのはbehringer・B-1というコンデンサマイクです。正直マイクの事なんて何にも分からないのでネットで調査しました。色々調べた結果『値段の割に性能はいい』という事だったので流されて購入。アマゾンで約10000円ぐらい。

アーティストがスタジオでヘッドホンつけてレコーディングしている風景の中に存在している蜘蛛の糸でコーティングされているようなマイクです。レコーディングで威力を発揮するらしく、優しい曲はこちらという世論あり。衝撃や湿気に弱くライブではあまり使えないらしいです。

ダイナミックマイクとは違い電源が必要なので、オーディオインターフェースのファンタム電源をオンにしなくては使えません。コンセントから直接取る事も出来ません。

ダイナミックマイクとは逆でマイクから多少離れていてもめっちゃ音を拾うので、生活音が入らないように意識しないとダメです。部屋のドアが開く音とか、猫の鳴き声とか余裕で録りこみます。気になるならエアコンも消した方がいいかも。家の前を暴走族が走っている時は要注意。

 

衝撃・湿気に弱く繊細な作りなので基本的には固定して使用します。理想的にはデスクアーム型のマイクスタンドに装着するのがベスト。僕は以前購入していた卓上固定型ぐねぐねマイクスタンドが有ったので再利用しました。

ダイナミックマイクに感じていた音量調節の面倒くささがほとんどなくなりました。マイクは固定されており、手で触ることがないので、握り方による声質の変化が起こりえないのです。今まで必ずふさがっていた片腕も晴れて自由の身となり、左手にワイヤレステンキー、右手はすぐにマウス操作ができる状態となり、これだけでも作業効率は爆上がりです。

オーディオインターフェースの入力ゲインはダイナミックマイク時より多少低く設定します。あまり高く設定しているとスピーカーでモニターする場合、感度が良すぎてハウリングしまくります。鳴らない程度に設定してみたら録音時にもちょうどよくなりました。

声の大きさによる急激な音量変化もなくなったおかげで『レベルオーバーにビビッて声を抑えなくていい』という事になり、声質には多少のプラスが生じている実感。口とマイクの距離が離れたため、いい感じに音が周りに逃げてるんじゃないかと妄想。

録音時に気にする事が激減したので格段に作業効率がアップしました。こんな事なら最初からコンデンサマイク買っときゃよかったけど、ダイナミックマイクのメリット・デメリットも体感できたので後悔はございません。

僕は音質なんてよく分からないし求めてないので、コンデンサの方がクリアっちゃあクリア。ぐらいの雑すぎる評価しかできないのが現状です。