クリッピングとトゥルーピーク

音は聞き取りやすい方がいいというのが人情という物で、昔から僕はずっと0dbギリギリを狙って音量調整をしてきたんですが、途中からある異変に気が付きます。ソフト上で編集している際には出なかったクリッピングが発生しているという事実に。

クリッピング…音の信号のピークが0dbを越える事。リゾルブでもREAPERでもどんなソフトでも、0dbを越えた状態で書き出してしまうと音割れ・プチプチ・ガザガザ音の発生の原因になるので、絶対にピークは0db以下に抑える必要があります。

 

僕はYouTubeで【トリパカのゲーム実況】というチャンネルを細々とやっておりますが、無知の初期時代にアップしたカップヘッドや群衆シミュレーター等は0dbギリギリを狙ってノーマライズしているので音のピークが気持ち悪い事になっているのが分かります。最近は-1db~-1.5dbぐらいで調整する事が多いです。

 

ではなぜ0db以下で調整しているのにクリッピングが発生してしまうのか?それはトゥルーピークという物が関係しているようです。今調べてて初めて知りました。そういう理由があったんですね。納得です。

トゥルーピーク…デジタル音声をアナログに変換する際に、デジタルよりも少し大きな波形になってしまいピークが0dbを越えてしまう事象。ソフト上は0dbにおさまっていて問題が無いとしても、変換の際に0dbを飛び出してしまいクリッピングの原因となる。インターサンプルピークとも呼ばれる。