【サスティンペダル】電子キーボードに音を伸ばす効果を付ける【CASIO SP-20】

アフェリエイトは一切おこなっておりません

電子キーボード・電子ピアノ単体には、グランドピアノの様な『音を伸ばす能力』が備わっておりません。そこを補うために活躍するのが外付けサスティンペダルです。

ピアノで言えば『一番右のペダル』と同じく、踏んでいる間に叩いた鍵盤の音は、指が離れても響き続け、足を離したら止まる。という性質を持っています。

 

裏はデコボコのゴムで滑りにくい加工になってます。

当時使用していた電子キーボードがCASIO製だったので、ペダルも同じくCASIO製を購入しました。後に購入するYAMAHA・P-125でも使用できました。

どの電子キーボードにも裏側に『サスティン』と書かれた接続がついてます。構造も単純なので、メーカーは違えどほとんどの鍵盤楽器に互換性があると思います。

 

2019年1月の購入当時は僕のピアノレベルが低すぎて全く活躍できてませんでしたが、1年練習し続けた結果、ピアノ技術もかなり進歩しました。

今ではサスティンペダルが無いと弾けないレベルの重要アイテムです。むしろよくペダル無しで弾けてたなって思います。電子鍵盤系の楽器には必需品となります。

【電子ピアノ】CTK-4400との違いを検証【YAMAHA P-125】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。