【ブームマイクスタンド】広いスペースが無いと使いようがない

アフェリエイトは一切おこなっておりません

普通のマイクスタンドとして使う事もできますが、横にもう一本のパイプ(ブーム)を噛ます事で、マイクを更に精密な位置に持ってくる事ができる機材です。

設置できるのはダイナミックマイクです。こんなもんにコンデンサマイクなんて取り付けたら、ただのデカいカナヅチになります。基本的にはライブ会場、イベント会場などの広い場所で使用します。

僕はライブなんて全く興味なくて、家で1人で録音してヘラヘラしてるただの気持ち悪いオジサンなのですが、何を血迷ったかこんな物を購入してしまったんです。今思い返せば本当に馬鹿すぎます。ここがアメリカなら射殺してます。

ここから先は読めば読むほど時間の無駄になります。過去の自分への戒めの為に書く小説が存在しているだけです。ブームマイクスタンドについてもっと詳しく知りたい方は、お近くのブームマイクスタンド屋さんにお問い合わせください。

 

平成2019年1月。REAPERで録音を試行錯誤する日々の中で、テンポの問題にぶち当たった男がいた。僕である。本格的にピアノやボーカル録りをやるまで『テンポなんて適当でいいっしょ』と考えいたが現実はそんなに甘くなかった。

事件は伴奏とボーカルを別録りする際に発生。僕はメトロノームを使うこと無く、超適当なテンポでピアノ伴奏を録音したものの、後から歌を合わせようとすると難易度Z級。理由はもちろんテンポがめちゃくちゃだから。

『じゃあ先にカラオケ音源に合わせてボーカル録音して、後で伴奏を…』

それはそれで難しい。あーんもうやってらんない。一体おれはどうすればいいんだ…と路頭に迷い続ける事1年。一番手っ取り早いのはやっぱり弾き語りだ。ピアノ伴奏とボーカル同時録りすればテンポもクソも考えず合うだろう。

ようやくその発想にたどり着きました。ピアノの技術もレベル1からレベル3ぐらいまでは上がり、今なら弾き語りができるんじゃねえのかと。ただし弾き語りとなればマイクを固定する機材が必要という現実にぶち当たります。

普通のマイクスタンドじゃだめだな。横からこう、伸びてくるマイクスタンドがあったな。ほう。ブームマイクスタンドって言うのか。コレでいいや。Amazonポチッ

組み立てている時に気付きました。

こんな物、どこに設置すりゃいいのかと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。