バナナプラグをスピーカーケーブルに装備する

スピーカーケーブルにバナナプラグを装備すれば、配線の脱着にかかる時間を大きく省いてくれます。もちろん接続機材もバナナプラグ対応じゃないとダメですけど。

 

家庭用スピーカーはほとんどがこの形なのでバナナプラグが入りません…と書こうとしましたが、なんかこの写真を見てると入りそうな気がしてきました。ちょっと入れてみましょう。入りませんでした。このタイプはスピーカーケーブルの導線をむき出しにしてぶち込むのがスタンダードな戦法です。バナナプラグも接続可能だったら万能なんですけどね。

 

家庭用スピーカーではあまり見ない形ですね。昔のスピーカーに多いのでしょうか?スピーカーに詳しくない僕はリサイクルショップで購入した後に気づき、なんでこんな面倒くさそうなもんを買ってしまったのかと後悔しました(が、おそらくスピーカーケーブルを直接接続することも可能です)

バナナプラグで接続する場合は購入費と手間は増えますが、スピーカーケーブルより圧倒的に接続しやすくなります。部屋の衣替えを頻繁かつ突発的に起こす僕みたいな人間はこの装備をしておくとスピーカーの移動は楽になります。

 

言葉で説明しても10000%伝わらないので図にしました。左がバナナプラグ対応スピーカー、右が普通のスピーカーです。

 

バナナプラグの構造は単純です。スピーカーケーブルの銅線を金具に突っ込みサイドからネジで圧力をかけて止めてるだけなので誰でも簡単に装備できます。