【コンデンサマイク】ゲーム実況・うたってみた・コレ1本【Behringer B-1】

今回は初めてキャノンケーブル接続型のコンデンサマイクを購入しました。正直マイクの事なんて何にも分からないので色々調べた結果『値段の割に性能はいい』という雑な知識のみで購入。結果的に最高の買い物になったので良かったです。

 

 

コンデンサマイクとは

アーティストがスタジオでヘッドホンつけてレコーディングしている風景の中に存在している蜘蛛の糸でコーティングされているようなマイクを想像したら分かりやすいですね。後ろに写ってる饅頭みたいなのはウチの猫です。

『キャノンケーブル・コンデンサマイク』の条件で探し出逢ったのがこのマイクで、購入当時(2019年4月)は12000円ぐらいでした。コンデンサマイクの中では、かなり安い部類に入ります。特徴は何もかもがダイナミックマイクとは対照的です。

 

衝撃に弱い

大物ロック歌手でもコレ持って暴れまわったらスタッフに怒られます。大きな衝撃はもちろん、小さなダメージにも気を付ける必要があります。有識者によると軽いダメージでもどんどん蓄積され、ダイヤフラムの張りがやられ、気付かないうちに音が劣化するらしいです。できるだけ新生児の様に扱ってあげてください。

 

湿気に弱い

『もともと入ってた収納箱に除湿剤を入れて保管』が推奨されておりますが、そんな面倒くさいこと僕がするはずもなく、部屋にぶらさげっぱなしです(もちろん非推奨・早期故障の原因)結露したりカビが生えたら致命傷。コンデンサマイクのある部屋に加湿器を置くのは自殺行為です。自分の生活は捨て、コンデン様中心の環境作りを心がけましょう。

 

結構重い

片手で楽々もてるダイナミックマイクとは違いかなりの重量があります。コナンの犯人が一度も凶器にしてないのが不思議なぐらいです。そもそもレコーディングに使用されるマイクなので重さはどうでもいいですが、上から吊り下げる場合、そこそこガチのマイクスタンド(10,000円ぐらいのやつ)じゃないと、マイクの重さですぐにヘタれます。金がかかりますねこの子は。

 

音を拾いまくる

ダイナミックマイクはほとんどがマイク周りの音しか拾わないというイメージですが、コンデンサマイクは部屋の隅々まで細かい音を拾いまくりです。机の振動音も拾ってしまうので、基本的に卓上に設置しない方がいいです。

指向性の影響もあるのでマイクによって違いは出てくると思いますが、ドアを開ける音、猫が動く音、暴走族のブンブブまでとにかく拾いまくります。気になる人はエアコンも消した方がいいかもしれません。僕は消しません寒いので。

 

指向性

全方向の音を拾ってる訳ではなく『正面~横っつら』辺りの音を拾います。僕は録音する場合【B-1】と印字されている部分を正面とし、そこに向かって声を出してます。印字の裏側だと遠くで喋ってる感じになります。

 

ファンタム電源が必須

ダイナミックマイクは電源不要でしたが、コンデンサマイクは電源が必要です。オーディオインターフェイスのファンタム電源をオンにしなくては使えません。コンセントから直接取る事は出来ません。

 

理想的な設置方法

先ほども少し触れましたが、コンデンサマイクは収音能力が優れすぎてて、机の上など小さな振動音とかも拾ってしまうんです。なのでデスクアーム型のマイクスタンドに装着して宙に浮かせるのがベスト。

僕は以前購入していた卓上固定型ぐねぐねマイクスタンドが有ったので再利用しました。ネジの大きさが合うか分からなかったけど、無事に固定できました。

しかしすぐにへたれました。コンデンサマイクの重量をこんな安物のグネグネで吊り下げ続けるという事自体に無理があったのです。数ヵ月立てばマイクの重さに負けて垂れ下がるだけの枝垂れ桜になってしまいました。このままだとコンデンサマイクは使えないし、安物買いの銭失いは面倒くさいので、結構ガチのRODEのマイクスタンドを購入する事に。

【吊り下げ型マイクブーム】伸びる・回る・コンデンサマイクが自由自在【RODE PSA1】

 

SHURE SM58(ダイナミック)との比較

ダイナミックマイクに感じていた『音量調節の面倒くささ』がほぼ消滅。マイクは固定されており、手で触ることがないので握り方による声質の変化という問題が最初から起こりえません。

今まで必ずふさがっていた片腕も晴れて自由の身。左手にワイヤレステンキー、右手はすぐにマウス操作ができる状態となり、作業効率が格段にあがりました。

オーディオインターフェイスの入力ゲインはダイナミックマイク時より低く設定。高く設定しているとスピーカーでモニターする場合、感度が良すぎてハウリングします。ハウリングが鳴らない程度に設定してみたら録音時にもちょうどよくなり、声の大きさによる急激な音量変化もなくなりました。

おかげでレベルオーバーにビビッて声を抑えなくていいので、声質には多少のプラスが生じています。口とマイクの距離が離れたため、いい感じに音が周りに逃げてるんじゃないかと妄想。同じ理由で息継ぎ音もあまり入らなくなります。

 

コンデンサマイクにした結果

録音時に気にする事が激減し、格段に作業効率がアップしました。こんな事なら最初からコンデンサマイク買っときゃよかったって、心の底から思います。

まあダイナミックマイクのメリット・デメリットも体感できたので後悔はありません。僕は音質なんてよく分からないし、あまり求めてないので『コンデンサの方がクリアっちゃあクリア』ぐらいの雑すぎる評価しかできません。結局マイクなんて使う人との相性ですからね。色々なマイクを試してみるのが大事だと思います。

 

使い続けて半年

2020年4月、とりあえず現時点で一切の不満はありません。コスパ最強マイクです。今まで10本近くのマイクに散財して、やっと落ち着きました。ゲーム実況も、うたってみたも、全てこれ一本で録音できます。僕も実際に100本ぐらい動画作って3年間ぐらいYouTubeに投稿してました。全部消しましたけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。